コベニヒワ顔似

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
北海道から帰ってきてから 風邪を引き、もう2週間も引き続けています
毎日22:00迄には寝ているのですが 治りませんね~。

今回の道東は ベニヒワだけで600枚くらい撮っているのですが
一枚一枚拡大してる見てる中に 2枚 コベニ顔似のベニヒワが居ましたよん 
これはノートリです。

ベニヒワ


トリミングすると、右に居る個体に比べ嘴がすごく小さいのがわかります。

ベニヒワ

もう一枚 真横顔です まずはノートリで

ベニヒワ

拡大してみると、嘴は小さく感じますが、全体的に見ると白さは
特段感じられませんね、コベニヒワと期待したものの
ただのコベニヒワ顔似でしょうかね。
この子の写真はこの2枚しかありませんでした
mさんも同じ場所で撮ったので、同じ写真ありませんか~?

ベニヒワ

 » カテゴリー:ベニヒワ » コメント:8 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

コベニ顔 

確かにクチバシ小さいですね
でもベニヒワですね
コベニは脇腹、腹、腰がずっと白いはずですよね
オイラも昔の画像を確認しましたがはずればかりでした
 » 2009.03.15(Sun)08:33 | URL » 投稿者:ニクマル » 編集 

交雑種 

ニクマルさん どうもです

嘴が小さいだけで、あとはベニヒワですもんね
ベニヒワを亜種でわけると  亜種ベニヒワ Common Redpoll
その他 Hoary redpoll 、Arctic Redpoll 、Lesser redpoll
と4種でわかてるけど、コベニヒワがHoary redpoll かArctic Redpoll か区別が付きません。
繁殖地は、ほとんど違いが無いようなので
交雑種が居てもおかしくありませんよね。
 » 2009.03.15(Sun)09:24 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

探してみますね 

Kochan まだお風邪が良くならないのですか お大事に
28日からETC車は1000円で土日はどこまでも行けるとか
ありがたいようだけど、高速の渋滞が心配ですね

コベニヒワですか、私も探してみますね
見付けられるとは思えませんが、、、
 » 2009.03.15(Sun)20:29 | URL » 投稿者:みみ » 編集 

この子 

暖かいと思ったら、急に寒くなったりで
体温調整が追いつかないのかな?
風邪には弱く、いつも長引きます。

ETC 1000円で 土日はどこまでもは良いけど
渋滞するでしょうね~
長距離が必要の無い私には迷惑ですよね。

コベニヒワ探しと言うより、左側の個体の角度違いが無いかな
と思っただけなんです。
 » 2009.03.15(Sun)22:01 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

No Subject 

こんばんは。
嘴のすごく小さな個体ですね~。特徴は完全にベニヒワです。
嘴の大きさは個体差があって、ベニとコベニでオーバーラップするようなのであまりアテにはなりませんね。

この手の分類はややこしいことになっていますが、現在の体系ではRedpollの名を冠する種はCommon(ベニヒワ)とArctic(コベニヒワ)のみのようです。
Lesserはベニヒワの亜種Carduelis flammea cabaret、Hoaryはコベニヒワの別名です。ちなみにコベニヒワは亜種コベニヒワのみのようです。
ベニヒワの亜種には他にC.f. rostrataがいます。
Lesserやrostrataなどの亜種は実は日本にも少数が渡来しているのかもしれません。
ちなみに海鳥と違って小鳥類はさえずりでつがいを形成するので、さえずりが酷似していない限り交雑はほとんどないと思いますよ。

なんだか相当ややこしいですが、とりあえずベニヒワは可愛いですよね!
今年も去年に引き続きたくさん来てくれて嬉しい限りです。
 » 2009.03.15(Sun)23:07 | URL » 投稿者:kim » 編集 

交雑 

kimさん、詳しい解説ありがとうございました m(__)m

なるほど、Arctic=Hoaryなんですね
同じサイトで ArcticとHoaryを分けて書いてあったので
てっきり別亜種かと思ってしまいました。

Lesserは、褐色味が強くCommonの若鳥に似てますね
C.f. rostrata、これは識別が難しいですね。^_^;

コベニヒワばかり写ってたサイトで
http://www.birdphoto.fi/lajikuvat/carhor/index.php
206の個体が似てたもんで、もしかしたらと思ったのですが
やはりCommonですよね~。(^^ゞ

交雑の件ですが、日本では1984年にマミジロキビタキ♂とキビタキ♀が
山中湖畔で繁殖し雛3羽が孵ってます
しかし写真を撮られた3日後 心無い人に
巣ごと奪われてしまったんですよ。(T_T)
証拠写真は Birds Worldの H氏が撮られています。

あと1991年に チゴモズとアカモズで巣作り
2007年も八ヶ岳山麓でチゴモズとアカモズとで抱卵したようです。
近似種だと小鳥でもあるみたいなので 可能性があるかなぁと
思ったのです   ^_^)

来年も もしベニヒワがたくさん渡来したら kimさんのおかげで
今度は違った目で見れます。
 » 2009.03.16(Mon)19:21 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

難しい、、、 

識別の話は私には難しすぎますが、、、
クチバシの大きさがこれだけ違っても個体差とは!!!

とりあえず、同じ場所の個体の部分(クチバシあり)写真が2枚ありましたので、ボケ写真ですからメールで送りました
 » 2009.03.16(Mon)21:16 | URL » 投稿者:みみ » 編集 

No Subject 

みみさん、メールありがとうございます
お尻が切れてましたが
私とほぼ同じ角度から撮ってたみたいなので
ほぼ同じ状況で お尻まではわかりませんでしたね
やはり嘴は小さい個体ですね。
 » 2009.03.16(Mon)21:49 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

TRACKBACK

コベニヒワ顔似 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/977-16406950
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)