藤田嗣治からの手紙 「日本野鳥の会 中西悟堂宛 略歴記入」

日本では知る人ぞ知る画家 藤田嗣治 
晩年63歳フランス国籍をとり、日本国籍を抹消
「私が日本を捨てたのではない、日本が私を捨てたのだ」と言ってたそうです。
藤田嗣治  ウィキペディア

2年前にはオダギリ ジョーが藤田を演じ日本フランス合作映画「FOUJITA」が上映された。

その藤田嗣治から日本野鳥の会宛に送られた手紙が
ネットオ-クションに出品されていたのが目に止まり、落札いたしました。
オ-クションの写真では中西悟堂の名前には、ぼかしが入っていました。

実家には藤田嗣治のリトグラフが飾られており
10年前の展覧会「生誕120年 藤田嗣治展」にも見に行き
憧れの画家でもありました。

藤田嗣治

藤田嗣治

消印を見ると 昭和10年7月25日に送られたものです、日本野鳥の会が設立したのが昭和9年ですから
約1年後になります。

藤田嗣治

書簡の内容は藤田の昭和8年までの略歴が書かれたものでした。 
(昭和8年生まれの母が訳すも、略字が多く少し違うかもしれないとの事)

拝啓 小生 佐渡 秋田 男鹿半島 十和田湖方面へ旅行いたし 昨日帰郷いたし候 横顔
について ご返事遅れ申し訳なく候も只今送り候
明治十九年十一月二十七日 東京牛込区にて生る            藤田嗣治
明治四十四年 東京美術学校洋画家卒業
大正二年   佛国 巴里へ留学
大正八年   佛国 サロン・ドートムの会員に推薦せらる
大正十二年  佛国 サロン・ナショナルの準会員に推薦せらる
       其の他 チュレリー・アンデパンダンの会員となる
大正十三年  日本帝国美術院に推薦せらる
大正十四年  佛国政府よりレヂオン・ドノール勲章を授けらる
       同年 白耳義(ベルギー)政府よりレオポルド一世の勲章を授けらる
昭和四年   三か月間 日本へ第一帰朝 正ちに巴里へ帰る
昭和八年   第二帰朝
      同年 二科の会員に推薦せらる 作品は世界中至る処の美術館にあって自分でも皆知りません程です
         世界 欧米 南米 支那 その他 極めて足跡広し。

藤田嗣治

この文章を会誌「野鳥」のどこかで読んだことを思い出し、昭和10年発行の「野鳥」から探しました

藤田嗣治

昭和10年発行 会誌「野鳥」の表紙

八月号に「ペリカン鳥の話」と言う題で藤田が寄稿し、執筆家の横顔として掲載されているものです
私にとっては野鳥の会を創立したばかりの中西悟堂と繋がりがあったのが、かなり驚きでした。

藤田の絵はネットオークションでの肉筆画は9割以上が贋作だと思っています。。
本物の絵は高額で、なかなか買えませんので、自筆の書簡でもちょっとしたお宝になりました

藤田嗣治
 » カテゴリー:未分類 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

藤田嗣治からの手紙 「日本野鳥の会 中西悟堂宛 略歴記入」 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/2069-3d106696
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)