鳥類、野鳥図鑑の歴史

スレッド:野鳥 // ジャンル:写真
野鳥が大好きには変わりはないのですが 最近都会の鳥達以外に会ってないです。
今日は鳥類、野鳥図鑑のお話です。
幼いころから私は野鳥を探す事と野鳥図鑑を見るのが大好きでした
図鑑の絵を写して書いてみたり その図鑑に描かれた実物の鳥を見たく 近くの田んぼや畑、草むらを駆け巡り
一日中鳥を追い掛け回したものです。 
それから もっとたくさんの野鳥を知りたく図鑑を集めだしました、最初は子供のお小遣い程度の図鑑しか
買えませんでしたので、100~200種類位が出てれば良いくらいの小学館や旺文社のカラー学習図鑑でした。
初めて青いルリビタキを見た時は飼い鳥が逃げたのかと思っていたのですが
図鑑を見て日本の野鳥にも、こんなに綺麗な鳥が居るんだなぁ と凄く感激したことを良く覚えています。

前書きが少し長すぎましたが、日本で一番最初の鳥類図鑑は何なのだろうと思うのですが
江戸時代では正徳2年(1712)「和漢三才図会」の巻41~44 水禽・林禽・山禽・野禽が出版され 
解説が漢文で私には解読できないのですが東洋文庫から1987年に出版された訳注の本で解説を読むと
特徴がかなり詳しく、 鳴き声、 その鳥に纏わるエピソードが書かれていたりします またその当時 野鳥は日本の食文化であったようで、その鳥が美味しいか不味いかまで書かれているようです。

そしてわが国で最初の近代的鳥類図鑑 明治26(1893)年に、石版手彩色された「有益鳥類図譜」(成島謙吉・籾山鈞)が出版され日本画のような鳥の絵(50図)になります。

有益鳥類図譜

その5年後の明治31(1898)年には「保護鳥図譜」(飯島魁)を出版 鳥の種類は63種類になります。

保護鳥図譜

大正2~3年(1913~1914)になると「日本鳥類図説 上、下、続編」(鳥類学者 内田清之助)の三巻からなる 日本三大鳥類図鑑より先に本格的な鳥類図鑑が出版され内田図鑑と呼ばれています。

日本鳥類図説

昭和に入りますと、鳥類学者に、皇族出身の山科芳麿や、大名、公家の流れの黒田長禮、清棲幸保 等 
貴族階級の人達によって作られた 今では「日本三大鳥類図鑑」と呼ばれるものが出版されます。

昭和8~9年(1933~1934)「鳥類原色大図説 全3巻」(黒田長禮)
絵は鳥類画のパイオニア、小林重三が担当し1092種類の絵が描かれており 日本鳥類の絵図鑑としてはこれ以上の物はないと言っても過言ではないでしょう、この原画は 黒田家が所有していたそうですが 戦災で皆 焼けてしまったそうです。

鳥類原色大図説

昭和8~9年(1933~1934)「日本の鳥類と其の生態 第1巻」と昭和16年(1941)に第2巻(山階芳麿)が出版されました
全5巻で出版される予定だったようですが、戦争による影響を受けて第1・2巻の出版で終わってしまったようですが
この2巻だけで図鑑として十分に成り立っています、解説は形態とか生態が詳しく書かれ 
そして飼育としてのその鳥の価値感や適否が書かれています かなりの種類の野鳥を飼育されていたんでしょうね。
原色図版 8枚にSUGAKOというサインが入っています
山階芳麿博士の妻 「寿賀子」夫人が描かれた鳥が図版に使われたようです。

昭和27年(1952)「日本鳥類大図鑑 全3巻」(清棲幸保)
戦後最大の図鑑で、その後 昭和40年(1965)「増補新訂版 日本鳥類大図鑑 I~III」
昭和53年(1978)「増補改訂版 日本鳥類大図鑑 (全4巻)」が出版されています
野鳥生態写真や生態における解説が多く書かれており、図版には、羽が全く生えてない雛の絵や幼鳥の絵(他の図鑑には無い)
そして卵などがカラーで描かれているのが興味深いです。

日本三大鳥類図鑑
日本三大鳥類図鑑

昭和31年(1956年)「原色日本鳥類図鑑」(小林桂助)
コバケイ図鑑と呼ばれ この時代あたりから図鑑がコンパクトになり、一般向けに発売され 425種類の原色図版そして
形態、生態、分布などの解説が書かれており、11万部以上も売れたと言う実用図鑑です。
当時価格1200円でしたので、昭和31年当時の大卒 銀行員初任給平均が1万円でした
現在 20万円と考えて、 今買うと24000円位の本となるわけですから、今考えますと決して安い本ではありませんが
やはり実用性のある図鑑ということで売れたのでしょうね。

昭和39年(1964)「原色鳥類検索図鑑」(宇田川竜男)
検索図鑑として各形態や各部の名称から覚えることが必要という事で各部名称の検索図表から始まっています。
428種類も鳥類の原色図版と形態、生態、食性、分布などの解説が書かれており
鳥の形態覚えには、とても参考になります。
当時価格3000円 昭和39年当時の大卒 初任給平均が2万円
今ですと30000円位の本になってしまいます、本当に野鳥が好きでいろいろ知りたいと思わないと買わないでしょうね。

日本鳥類図鑑

昭和40年代以降になりますと、野鳥撮影される人も増えて来て、カラー写真図鑑とフィールド図鑑の幕開けになりました、
高野伸二氏を筆頭にたくさんの写真家、研究家が出てきて たくさんの野鳥図鑑が出版されました。

平成になった現在、写真による細かな識別がポイントとなった図鑑が多く見かけるようになりました。


最近「富士山野鳥図鑑」を手に入れました。。 絵を描かれたのは 富士鷹 なすびさん
とても可愛い富士山に棲息する野鳥たち。。
購入できるのは、富士山5合目の富士山みはらしと日本野鳥の会だけなようです。
袋とじを開け、箱を開けると 本ではありませんが、富士山の鳥の野鳥図鑑となった、小まんじゅうです。
食べるのが ちょっと勿体ないような。。

野鳥図鑑

 » カテゴリー:図鑑 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

鳥類、野鳥図鑑の歴史 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/2055-ce7d4251
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)