奥庭自然公園のヒメコマツ

今から8年前 奥庭で撮影した時の事になります
ハイマツに止まったキクイタダキと紹介したのですが
富士山にはハイマツが無いという事を唐沢先生より教わり
これはヒメコ(五葉)マツではないかとの事でした。。

キクイタダキ

そして唐沢先生より 数日後 メールが届き

★植物に詳しい岩瀬 徹先生にお訊ねしたところ、
(1)富士山にはハイマツはない。ハイマツではないと思いますとのこと。
(2)ヒメコマツ(五葉松)は五合目付近にはないし、富士山の山麓にも少ないのではないか。
(3)写真だけでは確認が難しいので、実物を見ないと何とも言えない。

★O野氏(千葉県中央博物館の研究員に写真を見てもらいました。)
(1)ヒメコマツの可能性が高い。
(2)マツに間違いはない。ただこの写真だけではニヨウ(二葉)かゴヨウ(五葉)かはっきりしない。
(3)ハイマツは分布しない。
ハイマツは葉が長いがこの写真では葉が短い感じがする。
アカマツは五合目までは上がらない?
(4)五合目付近にはヒメコマツの母樹がない
五合目付近が森林限界である。母樹は標高がもう少し低いところにあるのでは・・・
ゴヨウマツとチョウセンゴヨウとの違いチョウセンゴヨウの球果は大きいとのお話でした。

キクイタダキ

お二人の意見をまとめると、ハイマツではない、ヒメコマツの可能性はある。
しかし、実物を見ないと写真での判定は難しい・・・、ということかと思います。
また、富士山にヒメコマツがどのように分布しているのか、五合目付近に本当にあるのかないのか、
根本的に見直す必要がありそうで、今後の課題になりそうです。

キクイタダキ

それからまた数日後 唐沢先生よりメールが届き

懸案の「五合目付近のヒメコマツ」ですが、
千代田区の仲間が7月12-13日に奥庭自然公園に出かけた際に
松ぼっくりをつけた立派なヒメコマツを2本(もしくは3本)を発見しました。
下記に掲載れた写真があります。
植物の専門家の常識が覆るかもしれません。

と言うメールが届きました。

今後どういう展開になっていくのか、楽しみです。

http://www.zkk.ne.jp/karasawa/bbs1/imgbbs.cgi?vp=5&allhits=3680&ff=40

 » カテゴリー:キクイタダキ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

奥庭自然公園のヒメコマツ のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/2007-62d7f497
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)