「野鳥と共に」 中西悟堂

1934年, 昭和9年3月、中西悟堂氏により日本野鳥の会創設し
同年6月に富士山麓須走にて日本野鳥の会第1回探鳥会を開催し
1935年 中西悟堂著「野鳥と共に」が15万部のベストセラーになり
古本屋(生物・化学)に行けば必ず目にしました
初版は「巣林書房」から発行されましたが
その後 「野鳥と共に 普及版」(日新書院) 
春秋社から 「定本野鳥記 〈1〉 野鳥と共に」と
初版の昭和10年から昭和50年代後半まで出版社を替えながら
野鳥に関した本の中ではベスト&ロングセラーと言っていいでしょうね。

普及版は中二の時に読んだので、今から40年位前に買ったのですが
第三十一の写真に、中西悟堂氏が手に乗せた鷹と一緒に撮影した写真があり
「訓練中の鷹(長元坊)と」書かれていたのですが、写真を見るとサシバじゃないかと思ったのですが
今まで訂正されてないという事は、最後の最後まで この写真をを見て否定する人は居なかったのでしょうね
悟堂先生が御存命であり、今の自分でしたら間違いを教えていたのでしょうね。

その後、巣林書房班の初版本が欲しくなり30年位前に神田の古本屋に探しに行きました
状態の良い物がなかなか無く、見つけたのがこの一冊です。

野鳥と共に

カバーに破れが少しはあったものの、表紙を捲ると中西悟堂のサインが入っていました
初版本と同時にサイン付とは昭和10年発行ですので、今から80年前のサインですね
その時は宝くじにでも当たった気分でした
後、加藤武雄を調べましたら、おそらく小説家の加藤武雄かと思われます。

野鳥と共に

カバーを取った表紙、口絵には 以前紹介した荒木十畝氏の絵になっています

野鳥と共に

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



 » カテゴリー:未分類 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

「野鳥と共に」 中西悟堂 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/2004-3a40ca63
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)