保護鳥写真図

スレッド:野鳥 // ジャンル:写真
日本で最初の鳥類図鑑 「有益鳥類図譜」(1893[明治26]年)に始まり
それから5年後に飯島魁 著「保護鳥図譜」(1903[明治31]年)が出版されました

保護鳥図譜として購入した図鑑(東京帝國大學教授理學博士飯㠀魁先生校閲)

保護鳥写真図

飯島

調べると絵が違うのと、発行社が違っていました (東京造画館発行)
(アマツバメの絵は尾の先端に針が出てるしハリオアマツバメですね)

保護鳥写真図

「飯㠀魁」「東京造画館」で検索すると 『保護鳥図譜』では無く 『保護鳥写真図』とわかりました
頁の図の順番が1図2図5図6図になっていて4図5図が次頁になっていたので不思議だなと思っていると
軸になっていた物を切取り、冊子にしてしまったようです。
元は、5軸からなっていたようです。

保護鳥写真図

鳥の解説は全く無く、鳥名の下に全長が記載されているだけですが
絵は141図まであり明治の図鑑としては種類が一番多いかもしれません。
発行された年代や詳しいことは良くわからず「奈良女子大学 学術情報センター」で
5軸が所蔵されていることだけです。
最初の状態がどのうような物だったのか 知りたいです 。

保護鳥写真図

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



 » カテゴリー:図鑑 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

保護鳥写真図 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1996-8eba64cc
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)