ツリスガラ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
地元(多摩川)でツリスガラを初めて会ったのが18年前くらいです
それからほぼ毎冬出会っていたので 関東でも珍鳥でなく冬鳥になったのかなと思ったのですが
5年前を最後に出会う事がなくなりました。(ネットで検索すると4年前から地元での情報なし)
10年以上 毎冬出会えていた鳥に出会えなくなり、寂しい気持ちでいっぱいです。
関西より西では今でも毎冬見られているようなので、数が激減したという問題ではなさそうですね。

ツリスガラ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ツリスガラ » コメント:4 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

5年前になりますか、 

ムジ君が居た年のGW直前に対岸の葦原で、5、6羽の小群れに遭いました。
翌年は真冬から、上の干潟で声は聞こえてましたが、姿は見えませんでした。(地元の御老人達が宣伝コイたので、チラホラ、写真は出回っていたようですね。)
それからは、全く遭えませんね。一応、隣のこちらの川でも、探索はしておりますが、気配はありません。ここ数年は、ベニマシコが来てくれていて、街なかの都市河川で会えるのはありがたいです。
昔、秋口に、ツリスガラの大群が入ったとか、伝説があって、調べたら、知人がそれに遭遇してて「天国のようだった」という証言を貰ったので、伝説ではない、と言うのが判明しました。そういう事もあるので、探索は欠かせません。

今季は森の小鳥が非常に少なくて、キクちゃんやヒガラも来ていません。ヤマガラすら居ません。去年の大サービスの反動かも?
 » 2014.01.09(Thu)08:59 | URL » 投稿者:yota » 編集 

No Subject 

ミ☆・・yotaさん・・☆彡

どうもお久しぶりです、地元の河口に行くことが
少なくなってしまいました。 鳥の種類や数が激減し
干潟に入る人が多くなってきたからです。
オオジュリンは減ったような感じはしませんが
ツリスガラはどうしたのでしょうね、温暖化で東へと
生息範囲を広げてきたかと喜んでいたのですが
温暖化が原因では無さそうですね。
このチビッコ達が見られなくなり、地元の冬の河口は寂しくなりました。
秋口の大群と言うのは珍しいですね。
私が50羽位の大群を見たのは4月中旬で、柳が芽吹いた頃でした。
 » 2014.01.09(Thu)19:34 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

そうなんです。 

秋のツリス君の群れ、と言うのが、引っ掛っていて・・・
その話を初めにしてくれた人は普通の散歩の人だったので。。。イソシギとイソヒヨの違い(名前だけかも)もハッキリしない人だったので。。。誤認か、勘違いかと思っていて、その現場近くの鳥見人の知人にその話をしたら、「そうだったよ、撮り放題だったよ」と言う事になって。。。

でも、この辺では、ツリス君は越冬してるのか、どうか。。。大抵、4月に入ってから出遭うので。多分、通過の一時立ち寄りだと思います。
09、10年のそちらの川では、冬から居ましたよね。

こちらでは、もっと、東で越冬してて、春先の帰り道に出会うのか、そちらの川の帰り道なのか、真冬に遭った事はありません。冬場は河原の葦原はちゃんと見ている(声も)つもりですが、、、最近は、紅猿子、頬赤は、常連で、蟻吸は準常連、コジュリンも見た事があります。
ツリス君が居れば、声で判るはずなのですが。。。遭いたいです。
 » 2014.01.10(Fri)20:12 | URL » 投稿者:yota » 編集 

No Subject 

ミ☆・・yotaさん・・☆彡

こちらでは冬も5~6羽の小さな群れで居ることは
良く会ったのですが 10羽以上の群れになるのは 4月になってからが
多かったですね、大きな群れになって最後は繁殖地へと渡っていくのかと
思います。

アリスイ、コジュリンはこちらの河口では見たことが無いです
ツリスガラ 次回はいつ会えるんでしょうね
会いたくなりました。

 » 2014.01.10(Fri)20:54 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

TRACKBACK

ツリスガラ のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1928-d4ab31d8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)