天才的名ガイド 高田昂

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
「高田昂」 この名前を聞いても、ご存知の人は居ないでしょう
こんな話を聞きたくないから、鳥の写真を早くと仰らないで下さいね (~_~;)
野鳥の会発足時代(1930年代)の人物像がいろいろわかってきて、個人的に楽しくなってきました。

この人が居て第一回野鳥の会探鳥会が成り立ったようなものだそうです
高田昂は、以前紹介しました鳥寄せの名人 高田兵太郎の弟だそうです

先日紹介しました 葛精一が1935年3月27日(富士山麓須走 日野屋林)撮影した(大型ネガ)中の
右側に写っていた人がその高田昂で間違いないでしょう。
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-1869.html

高田昂は60余年の生涯を鳥と共に起居したと書かれており、須走付近の鳥類に関する限り何から何まで知らざるところなし
と言うほどの人だったそうで、第一回探鳥会では優れたガイド役となったわけです。
撮影年月日を見ますと、この写真は第一回探鳥会の約半年後の写真になります。
左に写ってる人とこの写真の撮影者 葛精一のガイド役を務めているところでしょうが
身形など見ると、この左の方も鳥類学者の一人かもしれませんね。

高田 昂

http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-1643.html

この写真を見て、以前どこかでこの顔を見たことがあると思い探したら
野鳥の会 機関紙の第一巻第二号(1934年6月発行)に同じ顔が写っていたのでした
あと第一回野鳥の会探鳥会の写真の中にも高田兵太郎の右側に並んでいました。

高田昂

1930年代に戻り、高田兄弟に会っていろいろ話を聞いてみたいのと兵太郎の鳥寄せの口笛が聞きたいです。
第一回探鳥会に参加した 洋画家の金澤秀之助が書いた似顔絵と本人が書いたサイン。

高田昂

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:昔の写真 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

No Subject 

kochanさん、こんばんは♪
高田氏の名前には覚えがあり、以前kochanさんが
取り寄せ名人として、紹介されていた方・・・と思ったのですが
高田昂氏は弟さんなのですね。
高田兄弟とkochanさんの談話を、私も傍らで聞いてみたいです。
それと兵太郎氏の鳥寄せの口笛、私も聞いてみたいです o(*^ー^)o


 » 2013.05.29(Wed)22:36 | URL » 投稿者:ぴよこ » 編集 

No Subject 

ミ☆・・ぴよこさん・・☆彡

こんばんは。
高田兄弟は自然から学んだもので、図鑑や辞典などの本は何も使わず
鳥の習性、鳴き声を身につけた人です、そして鳥探しの名人だったのです。
今お会いでできたら、いろいろお話したい事がたくさんあるのですけどね。(~_~)


 » 2013.05.30(Thu)21:36 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

TRACKBACK

天才的名ガイド 高田昂 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1878-870913d4
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)