池島武雄撮影

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
今日の写真のガラス乾板と大型ネガの入った袋に、撮影者 池島武雄の名が書かれていました
検索すると下村兼史と関わっていました

バード・フォト・アーカイブスからの引用です。
1935年10月16日-11月末日までロンドンで開かれた写真展に日本から発送された写真のみを纏めて刊行された。『いわば母国の名誉を双肩に担う生態写真チャンピオンの顔見世である』(同序文)。
 掲載された50点の内、下村の写真が27点、清棲幸保14点、葛精一と島田謹介が各2点、池島武雄・松山資郎・中西悟堂・小松正躬・山階芳麿が各1点。この内、下村のナベヅル、ルリカケス、トラツグミ、センダイムシクイとツツドリの4点が、写真展開催後に出版された優秀作品集“Nature in the Wild”に収録された。日本からは下村一人が選ばれ、しかも一人の作家が4点も選ばれたのは例が少なく、日本に下村ありを世界に知らしめることとなった。下村写真に対する評価の高さがうかがえる。



富士山麓 風穴内のコウモリ ガラス乾板 (耳は大きいし顔を見ると、おそらくキクガシラコウモリだと思います)

キクガシラコウモリ

さいたま 鷺山 1932年7月23日撮影 大型ネガ

鷺山

トリミングすると、鷺が写っていました。
昨日のとは撮影者が違いますが、撮影場所は同じなのかもしれませんね。

下村兼史が1937年4月 さいたまの鷺山で撮影した記録がある事がわかりました
若しかしたら昨日のはと言う期待が。
だと凄いのですが。。

※追記
さいたま 野田の鷺山は江戸時代中期に形成され、個体数は四万羽に達したとも言われ、昭和初期には国の天然記念物にも指定されたが、一九七二(昭和四十七)年に消失してしまったそうです。 

鷺

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:昔の写真 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

池島武雄撮影 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1874-197515aa
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)