花鳥画の大御所 荒木十畝

スレッド:野鳥 // ジャンル:写真
以前 中西悟堂先生の 「野鳥と共に」 で紹介したこともあります
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-1643.html
荒木十畝と言う花鳥画を得意とした 日本画家の肉筆の画帖を入手しましたので紹介します
保存状態が悪く それは虫食いだらけで これでは荒木先生が可哀想です。
明治から昭和初期に活躍した人で、横山大観とほぼ同じ時代に生きています。
当時は有名な画家だったようですが今では名前を知る人が少なく、忘れられていってしまったようです
少しでも女性の絵を描いていれば、有名な代表作が残り
今でも有名だったかもしれませんね。

以前 池上秀畝の山桜にノゴマの絵をを紹介しましたが 秀畝とは同じ門で 生没がほぼ同じです。

日本画家はたくさん居ますので、ここで少しでも有名にしてあげようと思います。

荒木十畝

画帖の中の絵ですが、四季を通じて12枚の絵が描かれています。
絵にも多少虫食いがあるのですが、それほど大きなダメージは無いので
これ以上悪くならないように大事にしたいと思います。
見開きは 竹林にタンチョウの絵になり、2枚目が 梅に四十雀になります。

シジュウカラ

そして3枚目が 枝垂桜に柄長になります。

エナガ

中西悟堂先生と親交が厚く、野鳥の会 機関紙や内田清之助 随筆の本の挿絵に使われていました
野鳥の会 機関紙 第一巻第六號の挿絵に使われているものは 枝垂桜に四十雀になります。

野鳥 機関紙

昭和九年第一回野鳥の会 探鳥会の時の 出席者でもあり 富士山麓で
この時 営巣中のエナガをスケッチしています。

エナガ

11枚目の絵が紅葉にキビタキになりますが
写真では撮れそうでなかなか撮れません、荒木先生は それを絵にしていました。

キビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

紅葉キビタキ 

紅葉にキビタキ

憧れますねぇ 実際に見て書いたのでしょうか?
昔は紅葉の時期までいたのでしょうか?
ちょっと不思議!
 » 2013.02.16(Sat)19:14 | URL » 投稿者:ニクマル » 編集 

紅葉にキビタキ 

ミ☆・・ニクマルさん・・☆彡

こんばんは~。。
11/7の写真の中に800m付近で撮ったキビタキの写真がありましたから
不可能ではないと思うのですが、しかし11/7の紅葉は1000~1200m付近
がF山では見頃で、キクイタダキは多いですが
キビタキはその辺にはなかなか居ないんですよね~。。(~_~;)
 » 2013.02.16(Sat)21:21 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

TRACKBACK

花鳥画の大御所 荒木十畝 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1857-f852b890
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)