日本の自然 53年前のレコード

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
昨日のお山の天気は大雨でしたし今日もあまり良くなくて
今回の休みも鳥見は見送りになってしまいました。
お山の鳥たちの子育てはピークになり、親達は換羽が始まってしまいます
週間予報ですと今度の休みは天気が良さそうなので、鳥見に出かけられそうですね。

新しい写真がありませんので
鳥の声が録音されている古いレコードを入手しましたので取り上げます
発売は私が生まれた年で1959年 今から53年前になります。
監修:山階鳥類研究所,高島春雄,日本鳥類保護連盟

日本の自然

第1集から4集まであり、第1集だけ欠けていました

第2集 蛙の四季,秋の虫
スズムシ,ミツカドコオロギ,ツヅレサセコオロギ,クツワムシ,
アオマツムシ,エンマコオロギ,カンタン,マツムシ,ケラ,
シュレーゲルアオガエル,ヒキガエル,ツチガエル,ニホンアマガエル,
モリアオガエル,カジカガエル,トノサマガエル

第3集 北海の海鳥,湖沼の鳥
ハヤブサ,ウミネコ,オオセグロカモメ,コシジロウミツバメ,ケイマフリ,
マガモ,カルガモ,ウトウ,ウミガラス,カワセミ,オオヨシキリ,カイツブリ,
オオハクチョウ,コガモ,バン

第4集 村落の鳥,辺境の鳥
ツグミ,カシラダカ,ジョウビタキ,シジュウカラ,スズメ,ムクドリ,ホオジロ,
モズ,サンショウクイ,ヒバリ,コウノトリ,アカヒゲ,タンチョウヅル,ノゴマ,
ハシボソガラス,ウチヤマシマセンニュウ,イイジマウグイス,ライチョウ,トキ

辺境の鳥 収録15分ありますがその中から (コウノトリ、トキ)






日本産のコウノトリとトキは絶滅してしまいましたので、今では貴重な音源ですね。。
(蒲谷先生の日本野鳥大鑑にも収録されています)

収録されている鳥の種類は、普段聞ける鳥より どちらかというと
あまり聞けない声が収録されていますね。

手に入らなかった第1集は何が録音されていたのか気になったのですが
考えられるのは、セミの声でしょうかね。。

松田様が詳しく調べてくださったので、もう少し詳しく申しますと
私が入手したのは見本版でして、レコードのラベルは第2集だけはタイトルなどが
手書きで書かれていました。

日本の自然

25cmLPで、第2集の企画・制作には中坪禮治 第3・4集 構成・演出でやはり
中坪禮治さんの名前がありました。

日本の自然

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:レコード » コメント:5 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

No Subject 

またもや幻のレコードの発見ですね。私の資料では、日本で3番目に発行されたレコードです。当時、録音をしていたのは蒲谷鶴彦先生しかいないので、蒲谷先生の音源なのでしょうか。それとも、他の方なのでしょうか。音源の記載はありませんか?
 » 2012.07.23(Mon)08:28 | URL » 投稿者:まつ » 編集 

No Subject 

ミ☆・・まつ様・・☆彡

普通の人は録音しないような鳥ばかりなので
蒲谷先生の録音だと思われますが
残念ながらこのレコードにも録音した方の名前が書かれていません。

監修・制作が山階鳥類研究所・日本鳥類保護連盟と書かれているだけです
レコード会社は鳥の声のレコードでは珍しく東芝レコードです。

この時代にコシジロウミツバメ,ケイマフリ,ウチヤマセンニュウ、ウミガラスを
録音されているのは、蒲谷先生しか居ないのではないでしょうか。

盤1枚が1000円でしたので、4枚で4000円
当時としては高価でしたでしょうね。
 » 2012.07.23(Mon)21:26 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

No Subject 

蒲谷鶴彦先生が、佐渡でトキを録音したのは1963年4月4日です。レコードの発行はそれ以前となります。それ以外の音源もだいたい1960年代に収録しています。となると、これだけの音をいったい誰が録音したのでしょう。この謎解き、とうぶんたのしめそうです。
まずは、山階鳥類研究所に問い合わせてみます。
 » 2012.07.24(Tue)23:17 | URL » 投稿者:まつ » 編集 

No Subject 

 山階鳥類研究所におたずねしたところ、所蔵しているとのことでした。
ただ、面白いのは第1集とは書かれておらず『日本の自然』というタイトルのみだそうです。きっと、売れたので2集以降が制作されてのでしょう。
 また、ジャケットには「監修・制作 山階鳥類研究所 日本鳥類保護連盟」となっているだけでした。ただ、2集以降には、中坪礼治の名前がありますので、音源はNHKのものと考えられます。NHKテレビの『自然のアルバム』は1960年放送開始のはづですので、それ以前に音源がNHKにはあったことになります。
 この間、NHKでの打ち合わせでは、このような音源が今は散失しまっているようで、とても残念です。
 » 2012.07.26(Thu)11:23 | URL » 投稿者:まつ » 編集 

No Subject 

ミ☆・・まつ様・・☆彡

いろいろ、お調べ下さり ありがとうございます
ジャケットには1000円となってましたが
私のは見本盤でしたので、実際に市販されたものではなさそうです。

中坪ディレクターの名前があるという事はNHKで録音したという事ですね
自然のアルバムが放送される前に、NHKで録音していたのですね
当時 NHKラジオで鳥の声の放送とかでもあったのでしょうかね。

NHKで このような貴重な音源が残っていないのは
私も凄く残念だと思います。

 » 2012.07.26(Thu)20:11 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

TRACKBACK

日本の自然 53年前のレコード のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1772-a8e9c890
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)