日本で初めて発売された野鳥レコード

スレッド:野鳥 // ジャンル:写真
目のせいにしてはいけないのですが、車の運転中に癖になってしまった
角膜上皮が剥がれたらどうしようなんて思いながら、鳥見にも行かず家でくすぶっています
ネットサーフィンしても、今冬は小鳥が少ないと言う記事が多く見受けられ
出かければ何かしら出会えると思うのですが、少し気力が無くなっています。

鳥の写真も昨年以前の在庫ばかりなので
今回は野鳥の声のレコードの話題にしたいと思います
私が初めて手にした野鳥のレコードは、以前にもお話ししましたが
1965年1969年に発売された 中西悟堂監修 「野鳥の歌」 日本ビクター社
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-735.html
9才か10才の頃だったと思います

日本で最初の野鳥のレコードを数年前に中古レコード屋で見つけました
1954年(昭和29年)、日本ビクター社が、SP盤「野鳥の聲 第一集」全3枚(AE 133~135)を発売 
日本野鳥の会収録となっていますが、日本でいちばん鳥を聴いた男と言われています
5年前にお亡くなられた蒲谷鶴彦氏の録音だそうです。

レコード

レコードは78回転の25cmSP盤だったので 対応のプレーヤーを持ってなく
しばらく声も聴けずに棚の中で眠っていました。
休みは出かけることが無かったので、このレコードの事を思い出し
何とかして聞いてみたくなり、78回転対応のプレーヤーをネットで探すと
USBがついて、PCにデジタル化できるという優れものを見つけ早速購入しました
外見はどうみても、数十年前に良く見られた ポータブルプレーヤーのようです。
(VESTAX handy trax USB )
http://www.vestax.jp/products/detail.php?cate_id=84
玩具のようで可愛らしく、音なんか全く期待してませんでした
さすがに本体から聞こえる再生音は、良くありません

DSCN4768s.jpg

しかしUSBでパソコンに録りこむと なかなか良い音で再生してくれました

(うぐいす・きじばと・おおよしきり) 3分収録を20秒程にカットしました
カットだけで音の編集はしていません。






そしてもう一枚、ネットで 鶯の鳴聲 名鳥『寿』とラベルに書かれているのを見つけ買いました

レコード

これも78回転の25cmSP盤でした、いつ発売されたものか レーベルの番号で調べると
コロンビア A1578    
A1500番台ですと 1952年 昭和27年若しくは1953年 昭和28年のどちらかに発売されたものだとわかりました。

こちらのレコードのほうが、鳥の鳴声のレコードとしては古いです
このレコードはA面・B面と合わせ同じ鶯の囀りが7分間近く録音されたものでした
これも蒲谷氏の録音のような(上記の鶯の囀りと声が近いような)気がします。
良く聞いてみると、他の鳥の声が入っていないので、別の人が部屋の中で録音したものかもしれません。






60年位前に録音された野鳥の声が聴け、喜んでいるのは私だけかもしれませんね (*^.^*)エヘッ


人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:レコード » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

レコード入手おめでとうございます 

kochan様 目のご病気お見舞い申し上げます。
 また、『野鳥の声』入手、おめでとうございます。なかなか市場にはでないいものなので貴重ですね。
 入手されたものは、バラですね。このほか、ジャケットに入ったアルバム形式のものがあります。これには、解説書が付いているのですが、そこまでセットになっているのはまだ入手していません。
 鶯の鳴聲 名鳥『寿』は、蒲谷鶴彦先生から存在をうかがっていません。私がインタビューしたかぎり『野鳥の声』が最初とおっしゃっておりました。当時は、著作権の考え方が甘かったのでどうなっているのかわかりませんが・・・。『野鳥の声』のウグイスの声紋と比較されたらと面白いと思います。
 » 2012.02.26(Sun)21:14 | URL » 投稿者:まつ » 編集 

ありがとうございます。 

ミ☆・・まつ様・・☆彡

こんばんは。
『野鳥の声』のジャケット入りを一度見たことがあったのですが3万円位で売ってたと思いました。
対応プレーヤーも無いし、そのうちにもっと安く手に入ると思い見逃しましたが、その後 全く売りに出されないし
まつ様もお持ちでないという事なら買っておけば良かったですね。

ウグイスの声紋ですが、私が録音したものと『寿』『野鳥の声』
それぞれ比較したものを、のちほど取り上げてみます。
『寿』はお正月用だったのでしょうか

江戸時代は、夜飼い(夜遅くまで起こし)し 陽が延びたと感じさせて
鶯をお正月に鳴かせて、声を楽しんでたようですね。
 » 2012.02.27(Mon)19:44 | URL » 投稿者:kochan » 編集 

TRACKBACK

日本で初めて発売された野鳥レコード のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1667-437e632b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)