春よ来い~ 桜にノゴマ~池上秀畝

スレッド:絵画 // ジャンル:学問・文化・芸術
山桜が咲いている木でノゴマが囀るなんて、北海道でもまず見れないだろうなと思い
写実的に書かれているし、衝動買いをし部屋に飾って眺めています。

池上秀畝

買ってから調べたのですが、画家の名前は池上秀畝(いけがみ・しゅうほ)と言い
明治から昭和にかけての花鳥画を得意とする有名な画家さんのようです
開運○○○○鑑定団では、オシドリの屏風が鑑定額1500万円だったようですが
私が購入したのは習画帖と言って、絵手本ように書かれたものでしたので、そんなに高額な物ではありません。
壬申(みずのえ・さる)と書かれていますので、1932年に書かれたようです。

池上秀畝

これも買ってから気が付いたのですが
良く見ますと、絵の左下隅に  のごま  その横に ジュホ氏へと 書かれてあったのを消したあとが見られました
ジュホ氏と言うのは、同じ門で、全く同じ時代を生きた 同じく花鳥画が得意な荒木十畝のことかと思われます。

荒木十畝は 野鳥の父 中西悟堂と親交があり、第一回野鳥の会で参加もしています。
写真 後列 左端
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-1643.html

池上秀畝

最近写真が撮れないので、絵の鑑賞をしました。

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

COMMENT

NAME
SUBJECT
MAIL
URL
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

春よ来い~ 桜にノゴマ~池上秀畝 のトラックバックアドレス
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/tb.php/1652-cee0d05a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)