中西悟堂先生の生原稿

スレッド:雑記 // ジャンル:小説・文学
今日も暑かったですが 干潮を狙って多摩川河口に行ってみました
鳥はカルガモとウミネコの姿とヒバリの声だけでした。
公園脇の草原ではキリギリスが良く鳴いていましたが
こんな所で聞くのは、初めてでした、公園が新しくなり
土の中に卵が入っていたのかもしれませんね。

干潟にはシジミ取りの人が入り、鳥は全く居ません
「トビハゼ」でも探して撮ろうと思ったのですが
2時間探し回っても全く見つけることができずに帰宅しました
以前はこの時期、数は少ないものの見かけたのですが
撮りたい時には居なくなってしまうんですね。

フィールドでの新しいネタがありませんので
中西悟堂先生と内田清之助先生の生原稿を先日ネットオークションにて
落札いたしましたので、取り上げたいと思います。

悟堂先生の生原稿の題が 「野鳥方言二三」 200字7枚原稿
野鳥23種の方言を取り上げているのかなとわくわくしながら
落札いたしました。
野鳥の会 会誌 「野鳥」への投稿での生原稿でしょうか?。
届くと直ぐ生原稿を読みましたが野鳥の方言という事で取リ上げられた鳥は
コゲラとニュナイスズメの2種類でした。
これは「野鳥方言 に さん」という事になるのでしょうか
200字原稿7枚に 良く考えれば23種類も取り上げられるわけないですね。

中西悟堂

そして 内田清之助先生の生原稿です、内田先生は『日本鳥類図説』(1913年)の著者であり
野鳥図鑑のパイオニアでもあり、日本鳥学会では名誉会頭でもありました。

内田清之助


残念ながら内田清之助先生の200字8枚生原稿には野鳥の事は全くふれておりませんでしたが
「わかりよい文章」と言う題で、小説家などの著名人を取り上げ、この人の書き方は ここがわかりやすい
こういう書き方は他の人には真似できないとか書かれています。

野鳥に携った有名な先生方は長生きされてますね。
中西悟堂 89歳、 内田清之助 90歳、 黒田長礼 88歳、 黒田長久92歳、  山階芳麿 88歳 清棲幸保 74歳

野鳥の事を勉強をするのは長生きの秘訣でしょうか。

 » カテゴリー:未分類 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |