縄張りを告げるメボソムシクイ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
コルリやキビタキ、オオルリ、エゾムシクイ、マミジロ、ジュウイチの囀りは聞けなりましたが
クロツグミ、ノジコ、ホオジロ、カッコウ、ホトトギス、アカハラ、ミソサザイ、コマドリ
メボソムシクイ、ヤブサメ、ウグイス、カラ類は未だ良く囀っていました。

その中でメボソムシクイは一番良く囀っていました。

メボソムシクイの囀り(7/27 YAMAHA POCKETRAK W24にて録音)





メボソムシクイ

羽は綺麗ですし子育てをしてる様子はありません 未だこれからなのかな?

メボソムシクイ

センダイムシクイやエゾムシクイは子育てが終わってると思いますが、メボソムシクイは
9月でも子育てしているのを見かけます、頑張って縄張りを守ってね。

メボソムシクイ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:メボソムシクイ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

ウグイス幼鳥

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
ルリビタキの幼鳥と良く出会う場所に行ってみました
今回は全くルリビタキには出会えなかったのですが
代わりにウグイスの幼鳥が藪から顔を出してくれました。

ウグイス

一瞬だけ外へ出てきてくれましたが、また直ぐ藪の中へと姿を消してしまいました。

ウグイス

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ウグイス » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

コサメビタキ幼鳥

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
林内で一番多かったのが、コサメビタキの幼鳥でした
ジィー♪ ジィー♪と親から餌をねだる声が聞こえてきます。

コサメビタキ幼鳥の声(7/28 YAMAHA POCKETRAK W24にて録音)






コサメビタキ


木のてっぺんばかりで、目線の高さまでは降りてきてくれませんでした。

コサメビタキ

少なくとも私が居た午前中は、何処に行くことも無く 同じような場所に居ました。

コサメビタキ

前日7/27に出会ったコサメビタキ幼鳥ですが、幼鳥羽はかなり抜けて成鳥羽へと換わっていました。

コサメビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:コサメビタキ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

マミジロ幼鳥

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
毎回休みは天候が悪かった為、また3週間ぶりの鳥見になってしまいました
昨日、今日と山の中でしたが 歩くと汗が流れ落ちるほど暑かったです。
今朝の富士山頂を撮ってみました。
ちょうど頂上に朝日があたり、ご来光を拝んでる人たちの姿が見えました。

富士山

標高は1200m位で 朝の気温は16℃なのですが、お昼になると29℃にまで上がっていました
今回は今年巣立った幼鳥に会いたくて、林内を歩き回りました。
今朝コルリの幼鳥を探そうと枯れた笹藪の中を歩くと、一瞬でしたがオスの若鳥を見ることができたのですが
残念ながらレンズを向けたら、飛び去ってしまいました。
また枯れ笹をバリバリと倒しながら少し歩くと大型ツグミ科が飛び出して来て
20m位離れた倒木に止まり、直ぐマミジロの幼鳥とわかりました。
良く見ると頬がやけに白い子でした。

マミジロ

そしてさらに遠くの枝では、♂親が少し心配そうにこちらを見ていました
未だ胸に斑模様があり昨年生まれのオスのようですね。(かなりトリミングしています)

マミジロ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:マミジロ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

そろそろ換羽の時期

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
新しい画像が無く、昨年の今頃の写真を探してみました
今の時期 子育て中もしくは子育てが終わった鳥たちが多いですね
写真を見ると、羽が抜けてる写真が見られました。

昨年7月23日のサンコウチョウ

羽が抜け始めましたね、来週末 会いに行こうと思っていますが
長い尾羽が抜けてる かな??。

サンコウチョウ


そして昨年7月22日のキビタキです

頭の羽が今にも落ちそうですね、8月は新しい羽との生え換わりで、羽がボロボロのように見え
鳥見を始めたばかりの人が、成鳥なのに幼鳥と見間違える事の多い時期ですね。。

キビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:サンコウチョウ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

日本の自然 53年前のレコード

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
昨日のお山の天気は大雨でしたし今日もあまり良くなくて
今回の休みも鳥見は見送りになってしまいました。
お山の鳥たちの子育てはピークになり、親達は換羽が始まってしまいます
週間予報ですと今度の休みは天気が良さそうなので、鳥見に出かけられそうですね。

新しい写真がありませんので
鳥の声が録音されている古いレコードを入手しましたので取り上げます
発売は私が生まれた年で1959年 今から53年前になります。
監修:山階鳥類研究所,高島春雄,日本鳥類保護連盟

日本の自然

第1集から4集まであり、第1集だけ欠けていました

第2集 蛙の四季,秋の虫
スズムシ,ミツカドコオロギ,ツヅレサセコオロギ,クツワムシ,
アオマツムシ,エンマコオロギ,カンタン,マツムシ,ケラ,
シュレーゲルアオガエル,ヒキガエル,ツチガエル,ニホンアマガエル,
モリアオガエル,カジカガエル,トノサマガエル

第3集 北海の海鳥,湖沼の鳥
ハヤブサ,ウミネコ,オオセグロカモメ,コシジロウミツバメ,ケイマフリ,
マガモ,カルガモ,ウトウ,ウミガラス,カワセミ,オオヨシキリ,カイツブリ,
オオハクチョウ,コガモ,バン

第4集 村落の鳥,辺境の鳥
ツグミ,カシラダカ,ジョウビタキ,シジュウカラ,スズメ,ムクドリ,ホオジロ,
モズ,サンショウクイ,ヒバリ,コウノトリ,アカヒゲ,タンチョウヅル,ノゴマ,
ハシボソガラス,ウチヤマシマセンニュウ,イイジマウグイス,ライチョウ,トキ

辺境の鳥 収録15分ありますがその中から (コウノトリ、トキ)






日本産のコウノトリとトキは絶滅してしまいましたので、今では貴重な音源ですね。。
(蒲谷先生の日本野鳥大鑑にも収録されています)

収録されている鳥の種類は、普段聞ける鳥より どちらかというと
あまり聞けない声が収録されていますね。

手に入らなかった第1集は何が録音されていたのか気になったのですが
考えられるのは、セミの声でしょうかね。。

松田様が詳しく調べてくださったので、もう少し詳しく申しますと
私が入手したのは見本版でして、レコードのラベルは第2集だけはタイトルなどが
手書きで書かれていました。

日本の自然

25cmLPで、第2集の企画・制作には中坪禮治 第3・4集 構成・演出でやはり
中坪禮治さんの名前がありました。

日本の自然

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:レコード » コメント:5 » トラックバック:0  » 編集 |

足環の付いたキクイタダキ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
環境庁の足環を付けたキクイタダキです~

キクイタダキ

トリミングしてみますと、足が小さいので文字全体がわかりませんが、KANKYOCHO JAPAN D9まではわかります。

キクイタダキ

こういう小さい鳥の標識調査は、データーを取るのがなかなか難しいでしょうね。

キクイタダキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:キクイタダキ » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

今年はミソサザイが・・

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
全く相手にしてもらえません
1時間くらい歩いていると 必ず近くで囀ってくれる子が1羽か2羽は居るのですが
今年になって全く振られぱなしです。

今回も一瞬顔を見せてくれただけで、全く近くで歌を聞かせてくれませんでした。

ミソサザイ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ミソサザイ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

サンコウチョウの集団

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
先週出会ったサンコウチョウの集団ですが
まず巣作り中のメスです。

サンコウチョウ

私の近くで巣材を集めていたメスを尾の長いオスが追い払いました
危険を感じて私から遠ざけたのかな? 
巣作りをしているのはメスだけで、オスは全く手伝う事は無かったです。

サンコウチョウ

巣はもう少しで完成ですね

サンコウチョウ

そして尾の短い若オスが、完成間近の巣の様子を見に来ましたが
直ぐ巣作り中のメスに追い払われました。

サンコウチョウ

しばらくすると、メスが3羽 視界の中に同時に入りました。
また 巣作り中の巣から30m位の場所までサンコウチョウの幼鳥が近づいてきました。

サンコウチョウ幼鳥の声(写真の子です)





サンコウチョウ

巣立って一週間くらい経ってますね、メス親の後を付いて飛び回っています
しかし巣作り中のメスと出合ってしまい、メス親とともに追い払われてしまいました。

サンコウチョウ

尾の長いオスは偶に巣の様子を離れた場所から見てるようです。

サンコウチョウ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:サンコウチョウ » コメント:6 » トラックバック:0  » 編集 |

出会いはビンズイから

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
林道を入って直ぐ、息子が一番最初に見つけた鳥がビンズイでした
私は最初見つけることができませんでした、視力の差が出たようです

先日眼鏡で視力を計ってもらったら、右1.2 左0.4でした
偶に左目の視力が回復する時もあるので、眼鏡を作り直すか迷っています。
動かずジッとしている鳥は、視力の良い息子には敵いませんが
少しでも動けば、私の方が見つけるのは早いようです
先に見つけられると、一寸悔しい私です。

ジッとしているメスは先に息子が見つけ、囀っているオスのビンズイは私が見つけました
息子は飛ぶまで、どこに居るかわからなかったようです。

ビンズイ

そしてオスから20m位離れた場所に居て 息子が見つけたメスです。

ビンズイ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ビンズイ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

キビタキは息子も知っていた

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
鳥との出会いの順番が全く逆になってしまいました
林道入り口から少し入っていくと、キビタキの囀りが聞こえて来て
直ぐ見つけることができました
息子もキビタキの名前は良く知ってたようですが見るのは初めてでした。

そんなに長い時間居てくれませんでしたので、息子と同じ枝に止まった写真になります。

キビタキの囀り(6/15 YAMAHA POCKETRAK W24にて録音)





キビタキ

枯れ枝で葉が無く少しさみしい代わりに、背景が暗くてキビタキが引き立ってくれました。
私の三連休は今日で終わりました 今回は天気予報では雨だったので出かけられず残念
山の天候はわかりませんが 昨日・今日は出かければ何とかなったかもしれないですね。

キビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:キビタキ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

コマドリに代わりオオルリ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
愛嬌の良いコマドリを息子に撮らせようと思い、1時間かけて林道を歩きました
その地点に付いたらオオルリが良く囀っており、縄張りを巡回しながら 
何度かかなり近くまで来て囀りを聞かせてくれました。

太陽が雲に隠れ、急にガスが掛かり暗くなったり明るくなったり 天候の変化が激しくなりました
おかげで来る途中鳴いていたエゾハルゼミが、鳴き止んでしまいました。

オオルリの囀り(7/8 YAMAHA POCKETRAK W24にて録音  一昨日アップしたコマドリの囀りも聞こえます)





オオルリ

沢から こちらへ近づいてきたメスです。。
オオルリは近くまで来たので、息子のレンズでもよく撮れていたようです。

オオルリ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:オオルリ » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

声を頼りにマミジロ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
コマドリの場所まで行く途中、チッ、チッ♪とアオジに似たような声が聞こえ
ここでアオジは見たことが無いので、おそらくマミジロだと思い
声を頼りに探すと、マミジロのメスが居ました。

マミジロ

息子は見つけることができなかったようで、撮ることができませんでした
飛び立ったら2羽で行動していたのですが、もう一羽も色が茶色くメスタイプでした
色の茶色いオス若だったのか幼鳥だったのか
残念がらもう一羽の姿は確認できませんでした。

マミジロ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:マミジロ » コメント:0 » トラックバック:1  » 編集 |

息子とコマドリの居る場所へ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
鳥との出会いが前後してしまいますが、9日の午前中にサンコウチョウと出会う前の
8日はコマドリに会うために、片道1時間かけて息子と林道を歩きました。
コマドリの場所へ行く途中にも数種類の鳥との出会いはありましたが
それはまた後日です。

コマドリの場所では愛嬌の良いオオルリが居て、最初コマドリの声は全く聞こえず
今日はダメかなと思っていたら、谷の底からコマドリの声が聞こえ
声が徐々に近づいて来たのですが
その時息子は良く鳴いている オスのオオルリを撮っていました。

その息子のブログを紹介します 「元引きヲタニートの気まぐれ」
息子のブログを見てしまうと、今後記事にする鳥がわかってしまいますね

鳥の名前などどうでも良いのか覚える気は無いようです
私としては、自分で撮った鳥や虫、花の名前くらいは、自分で調べて覚えて欲しいと思っています。。


コマドリは突然目の前に姿を見せました。。

コマドリ

息子の方は少し遠かったのと、ピントを合わせる時間が無かったようです

コマドリ

この枯れ木の突端で囀るかなと思ったら 出会いはたった13秒で このあとまた谷に降り囀っていました。
コマドリは去年、今年と なかなか撮らせてもらえません。。

コマドリ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:コマドリ » コメント:4 » トラックバック:0  » 編集 |

息子と一緒にサンコウチョウ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
昨日、今日は息子と一緒に日本一高いお山へ行ってきました
私は3週間ぶりの鳥見で、巣立ちした子供たちに会えるのをすごく楽しみにしていました。

何故息子が一緒に同行したのかと言いますと Canon EF70-200mm F4L IS USMを購入し
試し撮りをしたかったからだそうです。

昨日はコマドリが居る場所まで、片道一時間 林道をあるきました
天気予報は朝と晩が雨でしたが、朝天気が良かったので 安心して
雨具を持たずに行ったのが失敗
昼近くに天気が崩れ、雨が強くなって 駐車場に着くまでには かなり濡れてしまいました。
雨が降る前に数種類の鳥には会えましたが、明日以降に取り上げます。

天気が良い場所を求めて、山麓を 西へと向かい
アカモズが居る高原は霧で視界が全くダメ。 
夜にはコノハズクの声でもと樹林に入ったのですが、この場所は薄暗く
息子が気味が悪いと言い、3か所で足元の下草がガサガサ言うのですが
探しても何も居ない、私も気味が悪くなり 夜を待つことなく断念し
麓を北から東へと向かい、一日で 山麓を一周してしまいました。

そして今日取り上げますのは、今日午前中 東麓で出会ったサンコウチョウです。

サンコチョウの囀り(7/9 YAMAHA POCKETRAK W24にて録音  ガビチョウの声と二重唱)





サンコウチョウ

息子の200mmでは、オスのサンコウチョウは少し遠くて動きも早いし、なかなかピントが合わなかったようです
先月の台風で子育てに失敗したのか、今頃巣作り最中でメスは頻繁に巣材を運んでいました。

サンコウチョウ

ところがこの場所では、尾の長いオス1羽に 尾の短いオスが1羽 そしてメスが少なくても3羽居ます
全く同じ場所に この数のサンコウチョウ、メス同士の追いかけ合い、メスが尾の長いオスを追いかけたりで
すごく落ち着きません、 巣作り中の巣の近くには未だ巣立ったばかりの幼鳥が来て
巣作り中のメスと子育て中のメスとが喧嘩したり、とても賑やかでした


サンコウチョウ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:サンコウチョウ » コメント:6 » トラックバック:0  » 編集 |

繁殖前のルリビタキ

夏鳥ばかり取り上げていたら、5月に撮影したルリビタキを忘れていました

ルリビタキ

この時はコマドリが会いたくて行ったのですが、コマドリはあまり姿を見せてくれず
ルリビタキが姿を見せてくれました。

ルリビタキの囀り





ルリビタキ

今週末は3週間ぶりですが 久しぶりに時間が出来
今回は 未だ学生の息子が Canon EF 70-200 F4L IS USMを購入し
試し撮りをしたいという事で一緒に撮影に行句予定でいます。

ルリビタキ

ルリビタキとコマドリが居たこの写真の場所に行くか
イワヒバリにも会いたいと思っているのですが、このところ空振りが多いです。

ルリビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ルリビタキ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

中西悟堂の書簡

スレッド:詩・想 // ジャンル:小説・文学
野鳥の会 創設者 そして歌人・詩人である悟堂先生
同じ詩人である、山下千江さんに宛てた書簡を手に入れました
手紙の方は昭和43年 悟堂先生 73歳の時に書かれたもので
ハガキの方は昭和56年 晩年(86歳)の時に書かれたものでした。

中西悟堂

詩集を読んでの感想文でしたが、感想の中には 
中西悟堂―かみなりさま の本で書かれているような自分の履歴などが書かれてました。

中西悟堂

「私の母は私を産んで間もなく行方知れず、私は一人ぼっちの部屋の中で、飢えと孤独に火のついたように泣き叫んでいた赤ちゃんであったとか、そんな私がそんな母を何十年も探したが、この歳までも、ついに逢えない。」

父親は日清戦争で失ない 三歳の時には両親が居なく
伯父 中西悟玄の養子となったそうです

中西悟堂

それ以後の履歴
14歳の時に作った短歌「まろくして、赤き夕陽竹藪のかなたにあれば手に力とり難し」の処女作が書かれ
 そして19歳の時には三年間両眼失明で徴兵検査に洩れ
五十代の脳血栓で死線を超えて、一挙にハダカ生活踏み切った代わりに生きることの杳けさをみごもった
という事です。
杳けさとは何?とググってみましたが、わかりませんでした。
「40年間、自然と大導師としてきたので、戒名だけはつけるなよと 遺言代わりにたのんでいる私です。」

ただの感想文でしたら、手に入れることは無かったでしょうが、生い立ちが書かれていたので
手に入れちゃいました。

中西悟堂

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:未分類 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

巣作り中のヒガラ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
動物の毛のような物を集めていました
一か月前なので、今頃可愛い雛が巣立っていると思います。

ヒガラ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:ヒガラ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |