「野鳥の父・中西悟堂と善福寺池」へ辿りつけず 東京ドームへ

昨日は家内の誕生日で、久しぶりに一緒に行動し
東京ドームで「東京国際キルトフェスティバル」があり最終日なので
見に行きたいという事で、行ってきました。

その前に東京へ行くなら、中西悟堂展に寄ってからでも良いかなと聞くと
良いとの事なので、そちらへ最初に向かったのですが
本館の方へ行ってしまい、展示をやっているのは杉並区立郷土博物館分館と言うのは
頭にあったのですが、本館から近いだろうと思ったら何と電車を乗り換えなければ行けない
係員にパンフレットと分館の地図を貰ったのですが、、、、、

2月5日(日)までで、展示物は悟堂先生の使用した眼鏡・文具・自筆原稿・書簡等300点くらいあるそうです。

悟堂

この時点で15:00を過ぎていたので
「東京国際キルトフェスティバル」を見る時間が無くなるという事で
東京ドームへ向かいました。

展示物の中には鶴太郎が着物に書いた桜や 渡辺満里奈、りょうの手作り作品が展示されていました。

鶴太郎

真理奈

やはりここでも鳥探し
見つけたのは、広島の原爆ドームに止まったアオサギでした。

アオサギ

18:00閉館までの2時間 、見応えありましたが
男性はやはり少なかったです
帰りの食事は家内のリクエストで、普通にバイキングでした。

ドーム

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:未分類 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

オカヨシ 夫婦でシンクロ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
オカヨシガモがカテゴリの中に無いのに気が付き、探しました
20年くらい前までは、あまり見れるカモさんでは無かったですが
最近では良く見かけるようになりました
オスは大島紬柄みたいでお洒落ですね。

オカヨシガモ

並んでシンクロしてくれるなんて、仲が良いですね~。。

オカヨシガモ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:オカヨシガモ » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

ルリビタキ♪ ざいこから

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
先週は、撮れたのがルリビタキだけでしたので、在庫でつなぎます (^^ゞ 
川沿いで出会えたルリビタキの写真が、たくさん在庫がありますので
お付き合いくださいませ。

囀ってるように見えますが、ヒッヒッ♪と この枝でしばらく鳴いていました。

ルリビタキ

鳥の視力はすごいですね、地面に落ちていた小さな実を見つけ、10m位離れた枝から下りてきました。

ルリビタキ

切り倒された木に止まり、しばしポーズをとってくれました
どの小鳥もそうですが、冬は羽を膨らませ ふっくらしていて可愛いです。

ルリビタキ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ルリビタキ » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

ルリビタキ♪

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
ホンドギツネと出会った後、直ぐルリビタキが出てきてくれました
昨日アップした子とは違う子です、粉雪が降り出して来て
寒さが身に応えます。

ルリビタキ

この日は3羽のルリビタキに出会いましたが、皆青い子でした。

ルリビタキ

ハンノキの種を食べにに赤い子が来ていないか、探し回り
ピッポの声だけは聞こえたのですが、姿を見せてくれませんでした
カラ類も少なかったです。

ルリビタキ

昨日アップした子は5m位近づいても平気でしたが この子は10m以上距離をとっていました。

ルリビタキ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ルリビタキ » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

ルリビタキ♪

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
川沿いを歩いていると、ヒッヒッ♪とルリビタキの声

ルリビタキの地鳴き






ルリビタキ

川の上にはウルシの仲間の実が成っており、それを食べに来ていました。

ルリビタキ

とりあえず、置きピンで撮ってみることに

ルリビタキ

どの実を食べるのか予想を立てるのですが、ほとんど外してフレーム外です。

ルリビタキ

枝が煩くなければ、もう少し離れて撮りたかったです。

ルリビタキ

最後は前の画像から1時間以上過ぎていて
16:00過ぎに撮りましたが、うす暗くなり ISO1600 SSは1/1250
色は出ないし 画像に粒子が目立ってしまいました。

ルリビタキ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:ルリビタキ » コメント:4 » トラックバック:0  » 編集 |

ホンドギツネ

スレッド:動物の写真 // ジャンル:写真
今朝なぜか、きつねうどんが食べたくなり コンビニで買って食べて
久しぶりに富士山麓に向かいました。

現地に付くと、冬鳥はアトリとカシラダカが居ましたが、空抜けでしたので見送りました。
昼に近づくなり、厚い雲が出てきて粉雪がちらつきだし 朝より気温が下がってきたようです
動かないと寒いので、鳥も居ないことだし歩き回っていたら 向こうの方から
トコトコとこちらへ向かってくる動物が・・・・  お~ 朝食べた 赤いきつね??

ど~こかで♪ だ~れかが♪ きっと待っていてくれる~♪

きつね

雲は焼け道は渇き~♪ 

きつね

まだ私に気がついていないようで

きつね

30m位近づいて やっと私に気がついたようです

きつね

目が合い、慌てて逃げていきました
きつねの尾の先端が白いのは初めて知りました。

きつね

ある距離走ると立ち止まり、こちらを振り返りました。

きつね

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:動物 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

タシギ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
前回タゲリの声を録音したときに、田んぼから飛び立つタシギの声も録音されていました
タシギは、飛び立つとき以外 滅多に声を出すことは無いですね。
最後にミュ~♬と鳴くタゲリの声も入っています。

タシギの声






タシギ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:タシギ » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

河川敷にてタヒバリ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
多摩川河川敷のグランドを歩いていると、タヒバリ4羽が飛び出し
降りた場所がアスファルトで色気がありません (;^ ^

タヒバリの地鳴き






タヒバリ

畑へ行けばたくさん居るタヒバリ、でもこの場所では少く 
このあと遠くへ飛ばれてしまい、この写真だけでした。

タヒバリ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:タヒバリ » コメント:4 » トラックバック:0  » 編集 |

河川敷にてオオジュリン

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
久しぶりの多摩川河口でしたが、風が少し強かったのもあったのか
葦原では全く鳥の声が聞こえず、姿も見れず 
川の方ではスズガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモが居ましたが
カモ達でさえ数が少なかったです。 私が行くフィールドだけが少ないのか
気になってしまいました。

4時間居て、顔を見せてくれたオオジュリンは1羽だけでした。。

気になるツリスガラですが、ネットで検索してみても 西日本にも来てなさそうなので
今年も絶望的です。

オオジュリン

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:オオジュリン » コメント:4 » トラックバック:0  » 編集 |

サザンカにメジロ

スレッド:野鳥の写真 // ジャンル:写真
おめでとうございます、本年もよろしくお願いします。。

大晦日、元旦と仕事して、昨日、今日でお正月を過ごしました
そして今日は午後から機材担いで近場 多摩川河川敷を歩いてみました
鳥見は3週間ぶりになります。

しかし、風が少し強くて 葦原のオオジュリンはワンチャンスだけでした
児童公園に降りたら、サザンカの木にメジロが来ていたので
今日は、これをアップいたします。
ここのところ、何処へ出かけても 鳥の気配が無いです。

メジロ

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:メジロ » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

春よ来い~ 桜にノゴマ~池上秀畝

スレッド:絵画 // ジャンル:学問・文化・芸術
山桜が咲いている木でノゴマが囀るなんて、北海道でもまず見れないだろうなと思い
写実的に書かれているし、衝動買いをし部屋に飾って眺めています。

池上秀畝

買ってから調べたのですが、画家の名前は池上秀畝(いけがみ・しゅうほ)と言い
明治から昭和にかけての花鳥画を得意とする有名な画家さんのようです
開運○○○○鑑定団では、オシドリの屏風が鑑定額1500万円だったようですが
私が購入したのは習画帖と言って、絵手本ように書かれたものでしたので、そんなに高額な物ではありません。
壬申(みずのえ・さる)と書かれていますので、1932年に書かれたようです。

池上秀畝

これも買ってから気が付いたのですが
良く見ますと、絵の左下隅に  のごま  その横に ジュホ氏へと 書かれてあったのを消したあとが見られました
ジュホ氏と言うのは、同じ門で、全く同じ時代を生きた 同じく花鳥画が得意な荒木十畝のことかと思われます。

荒木十畝は 野鳥の父 中西悟堂と親交があり、第一回野鳥の会で参加もしています。
写真 後列 左端
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-1643.html

池上秀畝

最近写真が撮れないので、絵の鑑賞をしました。

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |