換羽の季節(拾った羽根)

繁殖が終わった野鳥たちにとって8月は換羽期で、今まで使っていた羽根を落し
新しい羽がはえてきます。 山や浜などで羽根が落ちているのを良く見掛けるのも
この時期です。

昨日 妻と鎌倉市にあるフラワーセンターに行き
帰りの門を出たところで猛禽の羽根が落ちているのを見つけました
可能性的にはチョウゲンボウかツミだと思い、検索すると直ぐツミの初列羽だとわかりました。
しかし換羽で抜けた羽根では無く 新しくはえてきたほうの羽根でした

ツミ

羽根の裏を見ると良くわかるのですが、羽根が完全に延びきらずに
羽鞘の中に未だ羽根が残っている状態でした。

ツミ

換羽期はエネルギーが消耗しやすいので、あまり派手な行動はとらないで大人しくしています。
推測ですが じっとしているところをハシブトカラスに虐めにあったのかなと思っています。

羽根のコレクションをしてるわけではないのですが、目立った羽根が落ちていると
持ち帰り ストックブックに保存しています。

ブログネタも少ないので、今までF山で拾った初列風切羽をアップします。

ヨタカ♀の初列風切

ヨタカ

フクロウの初列風切

フクロウ

フクロウの仲間は羽音を消すために、外縁に鋸歯状突起が並んでいます。

フクロウ

ハイタカの次列風切

ハイタカ

アカゲラの初列風切

アカゲラ

カケスの初列雨覆

カケス

小鳥類は特徴が無いものが多いので識別が難しく、拾って持ち帰ることが少ないです。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



 » カテゴリー:羽根 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |