江戸時代 幕末に描かれたカンムリツクシガモ

入手にした絵の中には、とても貴重で珍しい鳥が描かれていました
絶滅したとされている、カンムリツクシガモです

このカモの記録がある地域は韓国、北朝鮮、日本、ロシアと
分布域が狭く、標本(剥製)も全世界で3標本しか無いようです。 そのうち山階鳥類研究所に雄、雌の2標本があります
1916年に朝鮮半島釜山近くで採集された標本を入手した黒田長禮博士は
1917年にこの鴨を新種カンムリツクシガモとして日本鳥学会に発表されました
雄の標本が見つかるまでは、アカツクシガモとヨシガモの種間雑種と考えられていました。
本種の詳細な写生画 「鳥づくし」、「観文禽譜」 1822年に函館で捕獲された雄雌の写生画
など複数あり1989年までに計20点位があるようです

今回はちょっとした発見でしょうか
江戸時代には朝鮮半島から数多く輸入があったのか、この鴨が飼い鳥として売られていたという記述があったようです
入手した絵の鳥は初列風切り羽や尾羽が乱れているので、飼われていたものを写した可能性があるかもしれません
江戸時代はチョウセン鴛鴦(オシドリ)と呼ばれていたようです。

↓クリックすると拡大画像が見れます。
カンムリツクシガモ

カンムリツクシガモ雌を含んだ写生画もあったようですが
私が雄の絵を入手する1週間前に他の人の手にいってしまいました
残念ながら私の手元にはありません。

カンムリツクシガモ

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

江戸時代 幕末に描かれた水禽(水鳥)たち

江戸時代に描かれた水鳥の絵を紹介します。
N.オークションで見つけ落札しました
描かれた年代は文久三年十一月という事で幕末ですね
残念ながら絵師の名前が達筆すぎて読めませんでした。
江戸時代には絵の上手な町絵師が大勢居たのかもしれません
有名な絵師であれば当然 博物館いきでしょうね。

まず一枚目はバンです、以前手に入れた江戸時代に描かれた鳥の絵は、死んでいるようで
目が潰れて、瞳が入っていませんでした
今回は、生きているものを写したようで鳥に動きがあり、目の虹彩の色までわかります。

↓クリックすると拡大された画像が見れます。
バン

同じバンの飛翔姿になります

バン

オナガガモですが、「サクカモ オナガ」と書かれています。

オナガガモ

コガモの雌です、羽の模様が細かいので、雄を描くより手間が掛かっているかもしれません
残念ながら雄の絵はありませんでした。

コガモ

次も雌のオシドリです、残念ながらこれも雄の絵は手元になく
二回に分けてオークションに出品され、この絵を落札する1週間前に
すでに他の人の手に渡っていました。

オシドリ

次はミミカイツブリですが、「アトアシ羽白」と書かれています
アシが他の鳥に比べ後ろにあるように見えるからでしょうか。
最初見たとき、ハジロカイツブリかと思ったのですが
ハジロカイツブリに比べ額がなだらかなのと、喉下から胸元に赤みががあり
ミミカイツブリにしたのですが、しかし口角から目にかけての赤色線が無いのと
目の後ろの飾り羽が少し太く、ハジロにも見えます。

ミミカイツブリ

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

北斎画? 群鳥図

スレッド:絵画 // ジャンル:学問・文化・芸術
興味深い絵が出品されていたので、またネットオクションで落としてしまいました
保存状態が酷く シワや折れや絵具剥がれがいたるところにあります。
なんと落款は 「富嶽三十六景」で有名な絵師 葛飾北斎!
それも鳥の名前が書かれてなくても識別ができ
「キクイタダキ・ミソサザイ・メジロ・ジョウビタキ・オオルリ・アオジ・カケス・キビタキ・シジュウカラ・ホオジロ・エナガ」の飛翔姿です 
開始時の価格がCDが1枚買えるような低価格でしたので、即入札
入札者が他一人しか居なく、競り合う事も無く落札しました(状態が状態なので手を出す人は居ないのでしょうか)
カケスと他の小鳥たちとあまり大きさが変わらなかったりバランスが一寸悪いですね
裏には何かから剥がしたあとがありました。

クリックすると拡大します ↓

北斎

北斎の本物がCD1枚買える値段で落札できるわけがありませんね
偽物とわかっていても、北斎の本物の落款をネットで探してみました
左が本物の落款で、右がこの絵の右下にある落款です いかかでしょう?
少し違うところがありますが実に似せて作られていますね (~o~) 
時代を感じさせる絵でしたので 誰が書いた絵でも良かったのですが
落款が無いか、有名でない絵師でも実名の落款が欲しかったですね。(⌒▽⌒)!  

落款

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:0 » トラックバック:0  » 編集 |

花鳥画の大御所 荒木十畝

スレッド:野鳥 // ジャンル:写真
以前 中西悟堂先生の 「野鳥と共に」 で紹介したこともあります
http://katyotyaya.blog18.fc2.com/blog-entry-1643.html
荒木十畝と言う花鳥画を得意とした 日本画家の肉筆の画帖を入手しましたので紹介します
保存状態が悪く それは虫食いだらけで これでは荒木先生が可哀想です。
明治から昭和初期に活躍した人で、横山大観とほぼ同じ時代に生きています。
当時は有名な画家だったようですが今では名前を知る人が少なく、忘れられていってしまったようです
少しでも女性の絵を描いていれば、有名な代表作が残り
今でも有名だったかもしれませんね。

以前 池上秀畝の山桜にノゴマの絵をを紹介しましたが 秀畝とは同じ門で 生没がほぼ同じです。

日本画家はたくさん居ますので、ここで少しでも有名にしてあげようと思います。

荒木十畝

画帖の中の絵ですが、四季を通じて12枚の絵が描かれています。
絵にも多少虫食いがあるのですが、それほど大きなダメージは無いので
これ以上悪くならないように大事にしたいと思います。
見開きは 竹林にタンチョウの絵になり、2枚目が 梅に四十雀になります。

シジュウカラ

そして3枚目が 枝垂桜に柄長になります。

エナガ

中西悟堂先生と親交が厚く、野鳥の会 機関紙や内田清之助 随筆の本の挿絵に使われていました
野鳥の会 機関紙 第一巻第六號の挿絵に使われているものは 枝垂桜に四十雀になります。

野鳥 機関紙

昭和九年第一回野鳥の会 探鳥会の時の 出席者でもあり 富士山麓で
この時 営巣中のエナガをスケッチしています。

エナガ

11枚目の絵が紅葉にキビタキになりますが
写真では撮れそうでなかなか撮れません、荒木先生は それを絵にしていました。

キビタキ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

鳥類一覧 「掛図」

スレッド:野鳥 // ジャンル:写真
久しぶりのブログ更新になります

未だ鳥見には行ける状況ではありませんが
鳥に出会ったり、考えたりすることで気持ちが安らいでいますので
また完全復活した時には、よろしくお願いします

今回はコレクションの中から、明治初期 鳥類一覧 掛図を取り上げます。

明治5年に学制が発布され、近代学校制度が発足しました
西洋から取り入れた動植物学を教えるという画期的な試みがなされ
銅版で描いた輪郭線に、木版で色彩をのせ、一目でわかるような教材 「-博物掛図-」73×53cm が作られました
明治6年から11年にかけて動物5図、植物5図の計10図の掛図が文部省から発行され
その中の「動物第二:鳥類一覧 (明治8年9月) 」です。

掛図1

掛図と言うのは 今で言えばPowerPointの役割を果たし 先生が図を指しながら生徒たちに
説明して教えるという教材でした

明治初期の掛図を使っての授業風景
小学校教導の図

鳥の輪郭が銅板で描かれている為 写真では良くわかりませんがとても線が細かいです。

掛図2

学校の授業で教えるには、キバシリやミソサザイ、キクイタダキ、クイナなど
見つけにくい鳥が数多く取り上げられています。

掛図3

掛図はボロボロになると処分されるため今では現存数が少なく 大変貴重な物のようです

そして面白いのが、この掛図の 先生用の虎の巻が出版されていました
明治10年発行の『博物図教授法 全』という本で、この本は一般に出回っていたようです。

博物図教授法

本の中は掛図を縮小した、木版多色摺で収められています

博物図教授法1

そして鳥の絵と解説が書かれています 第一から第四までが植物図になり
動物第一が獣類 動物第二が鳥類 動物第三が爬虫魚類になっていて動植物図鑑とも
言えるでしょう。
当時の授業を受けてみたくなりました (^^ゞ

博物図教授法2

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪
 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:6 » トラックバック:0  » 編集 |

江戸時代の絵手本「画筌」

スレッド:絵画 // ジャンル:学問・文化・芸術
江戸時代の鳥の絵に興味を持ち、また絵手本 「画筌」と言う本を手に入れました
発行されたのは、1721(享保6)年 今から300年近く前になります
画壇の全国支配を完結した狩野派の暴露本と言うことで、独学で絵の勉強をしていた人には
すごく歓迎された本だったようです。
巻により山水画、人物、草木とかに分かれ
三巻に鳥獣の絵があり、一番使われていた巻のようでシミや擦れが一番酷いです。

画筌

江戸時代は鳥名が烏鳳とよく書かれているサンコウチョウも この本には三光鳥と書かれていました。
部位に色彩とかの解説が書かれています。

画筌

中国からの影響が強いようで中国の鳥や他の国の鳥も含まれ、104種類の鳥が描かれています
日本では珍しいツルクイナや奄美大島や沖縄に居るアカヒゲも書かれています。

画筌

人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:2 » トラックバック:0  » 編集 |

鳥の写生絵巻

スレッド:絵画 // ジャンル:学問・文化・芸術
今度は鳥を写生した絵巻物を入手しました、年号が書かれていたので幕末に描かれたものとわかりました
あと干支も書かれていたので何年に描かれたものかわかりました。

絵巻物

この絵巻物の中には、木版刷りされたものや、丁寧に肉筆で描かれたもの、
墨だけの素描画などいろいろな方法で描かれ、それを巻物に貼り合せていったようで
描かれた日が20年近く差があるものもありました。

これは文久二年霜月五日(1862年11月5日 関係ないけど私の誕生日)に描かれたアカゲラです、絵描きの人の名前もあるのですが
肝心な個所が破れてわかりません。

アカゲラ

羽などの線が細かく描かれています。

オナガ

錦鶏は日本の鳥ではありませんが、細かく写生されています、丙午と書かれているので1846年に描かれたものですね。 

キンケイ

甲寅二月二日写生(1854年2月2日)に描かれたキジバトです。

キジバト

テウマと書かれていますが、ツグミの異名のようです。
150~160年位前の絵なので、それほど古いと言う感じはしませんね。

ツグミ

まだ見てみたいと思う方は続きへいきます。


人気ブログランキング
↑今日も1回 ポチッ♪


↑ポチッとね♪

 » カテゴリー:鳥の絵 » コメント:0 » トラックバック:1  » 編集 |